(*^o^*)



24時間限定リアルタイム

コメントを書く
戻る

そして
遅くなりましたが

4月22日は
大好きな生駒里奈さんの卒業コンサートに行って来ました。

30倍とゆう驚愕の倍率をなんとか見切れ席で勝ち取り
ツイッターで良い席売ってくれる人漁ってた時に知り合った人が

当日友達が来れなくなったから
良かったら隣どうですか?と言って下さり

スタンドの上方ではあったけど
ステージは中央から見える席に移動させてもらい

会場もステージも全体が見渡せる場所からコンサート楽しめました。

無償で席譲ってくれたし
もう、ほんまに感謝しかない。

overtureが流れた瞬間から
ああ、これが何もかも最後か。と思うと涙が止まらんくて。

生駒里奈さんの乃木坂としての姿を目に焼きつけたい気持ちと
最後だからこそ、乃木坂全体を見ていたい気持ちとがあって。

生駒ちゃんソロの水玉模様は初めて生で聴けたんやけど
まぁ、お世辞にもうまいと言える歌声ではなかったけど

本人がMCで
「最後までうまく歌えなくてごめんね。
でも、これも味だってゆってくれるのはここにいる皆さんだけなんです。ありがとう。」
って言ってるの聞いて

なんともゆえぬ気持ちになった。

メンバーからの言葉では
飛鳥が
「卒業を決めた後でも、生駒ちゃんが残りたいと思えるグループに出来なかった事が悔しかった。」
って泣きながら言うてて

飛鳥のこういう、隠さずハッキリと気持ちを言ってくれるとこが好きだなって思ったし
生駒ちゃんの事をそうやって想ってくれてたのがほんまに嬉しかった。

大好きな生生星のコーナーもあって、3人の曲も生で聴けてほんまに嬉しかった。

そして
シンクロ二シティのカップリング曲であり乃木坂一期生で歌う最後の生駒センター曲、Against。

歌詞が生駒の事を現してて
ダンスも曲調もカッコ良くて
しかも大好きな生生星がフロントで。

最初で最後のオリメンでの披露。
生駒のソロダンスもめちゃくちゃ力強くて
もう、息するの忘れるくらい真剣に見てた。

からの、シンクロ二シティ。
2列目センターの生駒と
センターのまいやんがすれ違う瞬間が好き。笑

上からだとよく見えたなぁ。

曲調も歌詞もすっかり好きになってしまったので
パフォーマンス生で見えて感動。でも、やっぱりずっと生駒を見てた。

小さな体やから見失いそうになるけど
人一倍力強くて、瞬きの1つさえ表情にしてしまう生駒のパフォーマンスが私は大好きだった。

ほんまはもう少し長く見ていたかった。

そう思うと、また涙が止まらんかった。

センター復帰を一緒に喜んだ太陽ノック。
卒業シングルやけどセンターを断り、これからの乃木坂と生駒を後押しする曲になったシンクロ二シティ。
デビュー曲であり、初めてセンターに立たされて泣きながら挨拶しつつもやり切ったぐるぐるカーテン。
メガシャキのCM見てからずっと耳に残ってて、カップリングやけどMVの生駒君とみなみが大好きでほんまに大事な曲になったシャキイズム。
私の好きなメンバーいっぱいで、ライブでも一緒に星座コールして盛り上がれるから大好きな、あらかじめ語られるロマンス。
映画の主題歌であり、歌詞と曲調がほんまに大好きで、今までの乃木坂の苦労と絆を感じる曲でもある、悲しみの忘れ方。MVで最後に生駒がセンターに来るシーンが大好き。
秋元康が、この曲は生駒をイメージして書いた。とゆう、君の名は希望。
今では乃木坂の代表曲とゆっても過言じゃないし、屈指の名曲だと思う。

そして
生駒本人も代名詞だと言う、制服のマネキン。
私が乃木坂に完全にハマるキッカケになった、ほんまに大事な曲。
MVでの中性的な生駒は、これまでのアイドルにはおらんかった存在やなと思った。
そこからもう、生駒が気になって仕方なくなった。

ヲタみんなで生駒コールする時は
生駒に届くようにめっちゃデカイ声で私もコールしてた。

ほんまにいろんな思い出がある曲。

そんな
私にとっても大好きな曲を
最後に見て、聞く事が出来て

この場におれてほんまに幸せ。って思った。

そう思わせてくれる
乃木坂46、生駒里奈には
ほんまに感謝しかないなって。

約2年間しか私は活動してなかったけど
乃木坂の存在が楽しみで頑張れた事もたくさんあります。

ほんまに生き甲斐でした。

今まで私を支えてくれて、ほんまにありがとう。

乃木坂を、生駒里奈を好きになれてほんまに良かった!!

乃木ヲタはほんっっっっまに楽しかった!!!!

乃木坂を好きだった時間は
私にとってほんまに大切です。

ありがとう*

2018/06/14 23:24

コメントはまだありません

HOME(0)

コメントを書く
戻る